Img_a3c3ac8b0d4e26c2c777c7fe3c98e8b1
”AMERICAN BEAUTY"(Futura book & Regular)
Img_1ce06433c4a6c0767688db2a9ef3b218
“SPACY” (Futura Regular)
レコードジャケットを、フォントに注目して眺めてみるのも楽しい。
今回は「フーツラ」という書体を気にしてみました。

たとえば「AMERICAN BEAUTY」のサントラ盤に使われている書体、
太いのも細いのも小さいのも、みんな「フーツラ」であります。


そもそも「Futura」という書体は1920年代、
バウハウスの非常勤講師がデザインした文字で、
幾何学的な造形(円や三角形や四角形)を取り入れるなど、
当時としては先進的なロゴだったそうです。
ちなみにフーツラ(Futura)とは「未来」を意味するラテン語。
なるほど、"future”(フューチャー)ですね。





ではフーツラが使われているレコードジャケット例を、ウェイトが軽いのから順番に。

フーツラ・レギュラー(Futura Regular)が印象的なレコードジャケットで思い出すのは
"SPACY"。山下達郎2枚目のソロアルバムです。
ジャケットデザインはペーター佐藤。
達郎や吉田美奈子の初期作品を手がけた、
エアブラシ使いの第一人者でした。
Img_f7ca6e35078f30ed14592114df38fa38
"VAMPIRE WEEKEND"
Img_5d115a7b6afa2628c3b300a106ac8349
"VAMPIRE WEEKEND"
そしてもう少し太め、見出し用に使われる、 フーツラ・ボールド(Futura Bold)。

NYのインディーズバンド、ヴァンパイア・ウィークエンドの一連のアルバムでは、
文字間を開けて、センターに美しくレイアウトされてます。

今どきのバンドのロゴにも使われるというのは、
フーツラのデザインが、
100年経っても飽きられない魅力を持っているから、ということですな。
Img_5f6b6e962569aa5f8f5070463c6e1db7
"ALICE COOPER"
Img_49152b72c43c8c35334391ffbf073bf9
"A LONG VACATION"
Img_f491fd0da6459b84a492d6b5a6ed4f57
"SOME NIGHTS" (FUN)
この太めのフーツラをさらに圧縮して、長体をかけたのが
フーツラ・ボールド・コンデンス(Futura Bold Condensed)
















大瀧詠一やナイアガラの一連のアルバムにも多用されてるフォントです。
永井博のイラストにもやっぱりフーツラ・ボールドが一番ぴったり!















そして長体がかかったものをさらにヘヴィーに太らせたのが
フーツラ・エクストラ・ボールド・コンデンス(Futura Extra Bold Condensed)
S” とか ”C” とか ”G” の形が、特に美しくて好きであります。
「これぞアメリカ」って感じのロゴタイプ。
Img_39eda696d50113752f6d234f5ac6189d
"Pacific"
Img_da8cba61b43a1775a69f2419a6589eda
Work by Barbara Kruger
Img_9c9842f71cabb1b91738784807baa7ed
このフーツラ・エクストラ・ボールド・コンデンスに、
さらに斜体をかけたものが
フーツラ・エクストラ・ボールド・コンデンス・イタリック
(Futura Extra Bold Condensed Italic)

1978年にリリースされた、細野晴臣、山下達郎、鈴木茂らによるアルバム"Pacific"に、
この書体がばっちり使われています。
黒い文字で、シンプルにレイアウトされたこのジャケットが当時ものすごく気に入り、
しばらくは、何でもかんでもロゴタイプにFutura Extra Bold Condensed Italicを使った覚えがあります。

ちなみに、長体をかけるかわりに上下をべたっと圧縮して平体をかけてもかっこよく、
当時の「ef」という雑誌にはこの平体のFutura Extra Bold Italicが使われていました。






ところで、レコードジャケットの話からは外れますが、
「フーツラボールドイタリック」といったら忘れていけないのが
80年代アメリカンポップアートの第一人者バーバラ・クルーガー。
モノクロ写真&赤ベタのボックスに白い文字(必ずフーツラボールドイタリック)で訴える
消費社会への攻撃的なメッセージが強力でやたらかっこ良く、今でもとても印象に残っています。
Img_5f8d1520b5ae393702e2bb1bfe8700f4
"One Fine Day" Original Soundtrack
Img_78efcdeb0892ce710fab6263c61d3082
The times they are a-chaingin'
Img_db1a513c398942605e525647a0b8de91
もらった情報いきなり受け売りでごめんなさい。
この連中の演奏、かっこ良すぎです!!一発でとりこ (Click!) 
Img_7eaf19d5c29e7c68f36fbfee6ce9c52d
このアルバムとてもいいです!
野宮真貴のうたがいい。
選曲もいい。懐かしの曲のカヴァーいっぱい。

 What The World Needs Now Is Love
 ドリーミング・デイ
 中央フリーウェイ
 ガラスの林檎
 音楽のような風
 或る日突然 …etc


そして、聴き込んでくうちに一番好きになるのが、
小沢健二のカヴァー「ぼくらが旅に出る理由」。
アレンジばっちぐーです!



"世界は愛を求めてる。〜野宮真貴、渋谷系を歌う〜"  (Click!) 
Img_3db4b2fe939d7565acc58e7e5080a285
(Photos taken in L.A. in 1984)
カーステレオのFMから、
シンディーローパーの "Girls Just Want to Have Fun" が流れてきた。なつかしい。
1984年、ロケで初めてロサンゼルスを訪れた時に、FMでヘビーローテーションでかかっていた曲だ。
初めて感じるLAの空気や光や匂いとミックスして、この曲が大好きになった。
あまりに気に入り、サンセット大通りのタワーレコードまで連れて行ってもらってLPも買った。
今でもこの曲を聴くたびに、メルローズ通りやウエストハリウッドやベニスビーチの風景が目に浮かぶ。
当時シンディーはまだソロデビューしたばかりの新人だったけれど、
このヒットのあと、"Time After Time"や"True Colors"を立て続けにヒットさせて、
ビッグアーティストへの道を歩んでいったんだよね。

あぁまた青い空のLAに行きたい


Img_a8059752682129a8884fb89edb6d14e3
Cyndi Lauper/"Girls Just Want to Have Fun"  (Click!) 
Img_7e95ce9e893de75ca424a592f6f9227c
♪「若葉のころ〜"First of May"」
by Bee Gees  (Click!) 
Img_bad3ec5ba89b00f02a9017d2e8429e62
ロケ先のホテルでテレビをつけたら突然の吉田拓郎!

元気でした。

Img_e42ad543a94f0b4d511e0e01a615afbe
「祭りのあと」も
「まにあうかもしれない」も
「こっちを向いてくれ」も
「リンゴ」も
「旅の宿」も
「花嫁になる君に」も
「おきざりにした悲しみは」も
「蒼い夏」も
「ビートルズが教えてくれた」も
「落陽」も
「ひらひら」も
「都万の秋」も
「地下鉄にのって」も
「襟裳岬」も

ぜ〜んぶ岡本おさみ作詞 吉田拓郎作曲。

名曲ばかり
Img_9a4173661c683258454e73377ad8b9f6
雨がなかなか止まない秋の夜は、
石川セリ


「ときどき私は...」

Introduction~朝焼けが消える前に (Click!) 
霧の桟橋
ときどき私は... (Click!) 
虹のひと部屋 (Click!) 
なんとなく…
さよならの季節
ひとり芝居 (Click!) 
SEXY
TABACOはやめるわ
優しい関係
フワフワ・WOW・WOW (Click!) 
遠い海の記憶 (Click!) 

personnel:
松任谷正隆(kb)、矢野顕子(kb)、石川鷹彦(g)、伊藤銀次(g)、松木恒秀(g)、吉川忠英(g)、
シュガーベイブ(cho)、後藤次利(b)、小原礼(b)、高水健司(b)、村上秀一(ds)、
浜口茂外也(perc)、斉藤ノブ(perc)…

~issued in 1976~



う~ん本当に名盤だ。
このアルバムほどあの頃のことをあからさまに甦らせるアルバムは他にないんじゃないか