Img_abad1fbc2a9ebe860f13e351a1e47165
一眼レフデビューは高校時代、バイトを重ねてついに手に入れたNikomat FTN。
この時の他の選択枝は、Pentax SPFか、登場したばかりのOlympus M-1(OM-1)だった。
結局、憧れのNikkor Lensを使いたくて、ニコマートに決定。
モノクロ写真をたくさん撮った。
ヨドバシカメラでトライXの100フィート缶を買い、
暗室で切り分けて自分でパトローネに詰め替えて使ってた。
(100フィートのフィルムから、36枚撮りが16~7本とれたと思う。)
ところがこの”マイ・ファースト・ニコン”は、旅先の海で浴びたほんの数滴の塩水が原因で、
一瞬のうちにジャンクと化してしまったのだった。あの時のショックは今でも忘れられない。
今、手元には、
繰り返しながめては思いを馳せていたNikomatのカタログだけが、むなしく残っている。
Img_4e732b6a8b4c4e8ddbd9cba233e2043176d81173
My 3rd camera "Nikomat FTN"
そしてリベンジのNikomat EL。
新品にはとても手が出なかったから、銀座の中古カメラ店で買った。
レンズはNikkor43-86mm F3.5とNikkor28mm F3.5、Tokina200mm F4.5。
久しぶりに手にしてみたら、重くて鉄のかたまりのよう。
今だったらとてもじゃないけど旅に持って行けない。
でも、この無骨さが魅力です。
Img_9de72274e04bd53df5d3851601f3ba8d343abd91
My 4th camera "Nikomat EL"
Img_ce398e2b881463b4333f3538a011d0310e8bdd7c
shot by "Nikomat FTN" ~1974年 羽田空港にて~
どんな写真でも一瞬にしてトイカメラっぽくしてくれるサイトを見つけました→ (Click!) 
写真をアップロードして好みの度合いに調整し、変換してダウンロードするだけ!
調整卓には「謎の光」なんて項目もあって、結構雰囲気出せます。
Img_1db0f7645da8f0fdab3d4712cfdf2ef725e18fc0
Img_ba346259300750158f1b3b63ec874f46eb7ac6ee
Img_4f838394ad29ca4a58ad6276bf1eaa9882ba7b75
CanonEF50mm f1.8を買った。新品定価でも1万円ちょっとしかしないお手頃レンズだけど、f1.8まで開けられるとこんなに楽しいのか!
とりあえず1枚、何も考えずに撮ってみた食卓のジャムのビン、奥のボケ具合がやっぱりきれい。
これはしばらくこのレンズにやみつきになりそうです。
Img_b7e9c11d64fa1171b512b488e1854c0afa0df972
Img_d32c4b415c29adf78b36b61f173217da48d86ffa
"Kings of Convenience"
ノルウェー出身のアコースティックギターのデュオですが、3枚ともとてもいいです。
どのアルバムもシンプルなスリーフィンガーで曲が始まりますが、
もうその段階で気持ちを完璧に持っていかれてしまいます。
ハーモニーがまた往年のサイモン&ガーファンクルを彷彿させる心地よさ。
北欧だけに曲想もちょっと切なくて、「大人のネオアコ」って感じでしょうか。
昼の木漏れ日の中で聴くもよし夜の淡い光の下で聴くもよし、これはホントにオススメ!
とりあえず"Misread"と"Know How"が入ってるアルバム"Riot On An Empty Street"から聴いてみて!
Img_ab08e0802b4ef3a9c495058eae8307272d2524a4
Img_4851304dbf81acc19d1c150d052138b5db03d357
職場の隣人の熱烈な誘いを受け、DE DE MOUSEのLIVEを見てきた。at 恵比寿LIQUIDROOM。
(こういうハコに足を踏み入れるのは芝浦ゴールド以来20年ぶりかも)
すごい斬新!
エレクトロニカ+アシッドハウス(古いか)+ドラムンベース(古いか)+アンビエント
+民族音楽みたいなのを全て融合した独特のパフォーマンスが、かなりかっこよかったです。
たまにはこういう音楽聴いて感性の充電しないとね。
誘ってくれてありがとう!はるかちゃん
Img_5831165192631945bbb473a8430c87e7457bdf30
Lesney Matchbox Major Pack No.8 "Mobilgas Tanker" (issued 1960)
Img_075bb4ff5be1d8f41b7f0e867b68a4d556de153c
レズニーマッチボックスに登場するガソリン会社は、Mobil、Esso、BP、ARALの4社。
中でもBPは地元イギリスの石油会社だけあって、
タンクローリーやレッカー車、ガソリンスタンドなどいろんなバリエーションがリリースされています。
でもどうもBPのCIカラー、グリーンと黄色のハデさに馴染めない。
やっぱりタンカーは、赤一色のボディにフーツラ系のロゴがドカンとのった、
このタイプが雰囲気だと、勝手に思ってます。
Img_adcf406ca5e3c6b2e005a76d6d1e23c4d7bd6f78
レベル社製"Gas Truck"。プラモデルもそそります。
Img_08fcfc2ee2962d1b923f9a6ae1c07dad1f0b7676
どうだい?うしろのボケ具合は?
レンズEF50mm 絞りf2.2  シャッタースピード1/80
もう34年も前、吉田拓郎プロデュースでフォーライフからデビューした、
川村ゆうこというシンガーソングライターがいました。
デビューシングル「風になりたい」は吉田拓郎が作詞作曲した隠れた名曲。

♪通り過ぎる あなたが風なら 私も今すぐ 風になりたい♪

今でも大好きで、シングル盤はしっかり手元に残っています。
Img_3c8065aec3230df3ead17d006b49c9e4c4020cc0
「5人目のフォーライフ」といわれた彼女が当時リリースした1stアルバムが
「こんなに空が青くては」。
タイトル曲「こんなに空が青くては」は彼女自身が作詞作曲した曲で、
ニューシーカースの「愛するハーモニー」
(♫ "I'd like to teach the world to sing in perfect harmony…")を彷彿させる、
心地よいコーラスの入った佳作でした。

でもその後、彼女は数枚の新譜を出したものの、
知らないうちにフォークソング界からフェイドアウトしてしまったのでした。

そんな川村ゆうこのデビューLP「こんなに空が青くては」が先月、なんと34年ぶりに初CD化!
このアルバム、
作家には小室等、松本隆、岡本おさみ、大野克夫、
編曲には石川鷹彦、松任谷正隆、吉川忠英、
ミュージシャンには後藤次利、高橋幸宏等、蒼々たるメンバーが参加していました。
Img_86ba909833172f968397e66d1c3355e21042526f
「こんなに空が青くては」2010.9.22 FOR LIFE
まるで押し入れの中にしまい込んでいた写真を数十年ぶりに発見したような感じ。
音を聴いたとたん、あの頃の空気が一気に伝わってきました。
しかもCDにはボーナストラックとして、
柳田ヒロのピアノをバックに彼女が歌う2010年版「風になりたい」も収録!
最近、川村ゆうこはライブ活動も再開しているそうです。
またひとり、なつかしいフォークシンガーの復活です。
ベランダからは、スカイツリーと東京タワーとDoCoMoビルの3つが全部見える。
こんなに天気のいい日は年にそう何回も来ないので、東京3大ランドマークを撮ってみた。
Img_1e72c69a59e613f7ee06d5120f23f9acc72dc255
10月11日現在488m。
Img_ac75eb30859fcc013c7dfd0e3a098e14fdc14d87
東京タワーはちょっと控えめ明子さん状態
Img_95bedc0a0bbb489c895509086caeda41eb6d03c7
不思議とどこからでも見えるDoCoMoビル
Img_6c6efed5afe9e2e288da8b6fffbf9b876c02e043
Img_f75dec710651033ab600c9a17b8b90d8cdc2ddbe
Img_0e7e467c912f1d1ae3f1ee0dab9da5ecfa9b42fa
屋根から突き出るうだつ
ロケで岐阜県美濃市の「うだつの上がる町並み」を再訪。
「うだつ」とは長屋造りの民家の屋根に付けられた仕切り壁のことで、
火事が起きても隣家に火が燃え移らないための役割をしていたのだそう。
やがて豪華なうだつをあげることは富の象徴となり、
それが上げられないようでは人生失敗ということから
「うだつが上がらない」という言葉がうまれたとか。
美濃は和紙の街だから、火事には尚のことナーヴァスになっていたのですね。
Img_49c27da9fb8bfd7e5da57226da501ecde73f8f66
うだつの上がってる家。
Img_695f3a73c9065d443ba52e9f31dab039f726589e
古い看板の商店も健在
Img_0e36e4fe1d8c97e08557aba2444aba00b404baae
Lesney Matchbox No.57 "Chevrolet Impala" (issued 1961)
Img_c5eac25a5814211040d6643729a640ed29799400
Img_5508443d1f0a65b4bb249f6595a929a19e83226f
今夜はたくさん戻ってきてる。フクヤマツウウンのトラックたち。
Img_1787f70714e19793ee80ce429946baca
近畿で木枯らし1号。夏の次に冬が来た。
Img_7c5738152b027b7af77600ba1d3fc416
今年の季節はアキナイ。
Img_fb83ba179489b58028e3f08bb26a01e1
久しぶりに晴れたので、佃島リバーシティを抜け中央大橋を渡って通勤。
ここから見ると、スカイツリーが永代橋の真ん中から突き出して見えます。
天に向けて弓矢を射ようとしてるみたい。
スカイツリーはタワー本体の工事が全部終わり、今日から第2展望台を作り始めるそうです。
Img_5c8cdc7ea730292c0523fe8585635510052534d1
Lesney Matchbox No.34B "Volkswagen Camper" (issued 1962)
Img_18ad37296c93e689c352eb7f98215ae93f8005eb